おいしい水を十分に取り健康維持に努めましょう!

2009年10月22日

水と健康

とは、
生物が生きていくうえで、欠かせない大切なものといえます。


例えば、数日間食事を取ることができない場合に遭遇しても、
だけで生き延びたという話はよく耳にします。


生き物にははとても重要なものですが、
人間であってもそれは同じです。


なぜなら、人間の体は、60%以上がでできているからです。


そのため、体が水分が不足したと判断した場合に、
喉の渇きを覚え、
水分を摂取するという行動に出るのです。


また、人間は食物などの水分も含めて、
1日に最低2,300mlの水分を摂取すべきであると言われています。


人間は1日に排出される水分が2,300mlであるため、
最低2,300mlは摂取する必要があるのです。


水分が不足してしまうと、
血液がどろどろになってしまい、
血管が詰まって起こると言われている
心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こしやすくなってしまいます。



水とは、
生物が生きていく上でとても重要な役割をもっているものであるとともに、
人間にとっては健康を保つためにも重要なものであるといえるでしょう。


水分を摂取するタイミングは、
体のために喉の渇きを覚える前に
なんらかの水分を摂取するように心がけましょう。



posted by 水で健康ナビゲーター at 07:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。